ホーム > 動物を飼うために知っておきたいこと > 動物の愛護及び管理に関する法律

動物の愛護及び管理に関する法律

法律制定の背景

この法律の前身である「動物の保護及び管理に関する法律」が制定されたのは昭和48年(1973年)です。 それまで、日本には動物に関する総合的、統一的な法律はありませんでした。 その後、平成11年(1999年)に「動物の愛護及び管理に関する法律」と改称され、平成24年(2012年)の改正を経て現在に至っています。 法律の制定、改正にはその当時の社会情勢が反映され、現在の動物愛護の気運の高まりの中、 動物取扱業への規制など種々の施策が追加されています。

法律の概要(構成)

詳しい内容については環境省ホームページをご覧ください。

  1. 基本原則
  2. 動物を適正に扱うガイドライン
  3. 動物の飼い主の責任
  4. 周辺の生活環境の保全
  5. 動物取扱業の規制
  6. 危険な動物の飼養規制
  7. 犬及びねこの引取りなど
  8. 動物愛護週間と普及啓発
  9. 国や地方自治体の取組み
  10. 罰則

熊本県動物の愛護及び管理に関する条例

熊本県では、「動物の愛護及び管理に関する法律」に基づき条例を定めています、条例は、 動物の愛護、適正な取扱い及び管理に関し必要な事項を定めることにより、県民の動物愛護の意識の高揚、 動物の健康及び安全の保持並びに動物による人の生命、身体又は財産に対する侵害の防止を図ることを目的としています。
PDFファイル 条例全文(PDF 29KB)

※ 熊本県では、この条例により犬を繋いで飼うことを定めています。
  散歩の際も含めて犬は必ず繋いで飼い、人に咬みついたりしないようにしてください。
※ 動物を飼う際は、きちんとしたしつけを行い、周りに迷惑をかけないようにしてください。

熊本県動物愛護管理推進計画

熊本県では、「動物の愛護及び管理に関する法律」に基づき、平成20年(2008年)に「熊本県動物愛護管理推進計画」を定めました。 その後、平成24年(2012年)9月に法律が改正されたため、法改正の内容を反映させるとともに、本県の現状と課題に即した取組みのの充実・強化を図るため計画の見直しを行い、平成26年(2014年)3月に第2次計画を策定しました。詳しくは以下のファイルをご覧ください。

アドビリーダーダウンロード
PDFファイルを見るためにはAcrobat Readerが必要です。